美容

「肌タイプってなに?」特徴とスキンケア方法を徹底解説!

美肌男子

「肌タイプってなに?」「自分がどの肌タイプか知りたい」

そういった男性はいるのではないでしょうか。

今回は、化粧品オタクであるぼくが、肌タイプについて徹底的に紹介します。

 

肌タイプとは

肌には大きく4つのタイプに分類されています。

それは「脂性肌」、「普通肌」、「混合肌」、「乾燥肌」の4つです。

4つの分類の仕方は、「皮脂量」「水分量」が多いか少ないかで決められています。
皮脂は簡単にいうと、肌に含まれる油のことです。

 

肌タイプ

これから、肌タイプそれぞれの特徴、スキンケアについて紹介します。

脂性肌

脂性肌とは、皮脂も水分も多い肌のことです。

特徴

  • 毛穴が大きく目立ち、キメが粗く見える。

 

  • うるおいや弾力はあるが、皮脂が過剰で、テカリやべたつきが気になる

 

  • 皮脂が多いことによる、ニキビ、毛穴の詰まりなどの肌トラブルが起きやすい

 

  • 肌のバリア機能の低下によって、脂性肌になることが多い

スキンケア

  • 洗顔を丁寧におこなう

 

  • 皮脂を抑えるスキンケア商品を使う

 

  • 皮脂を取り除こうと、洗浄力の強いものを使いすぎると、同時に肌の水分も失うことになるので注意が必要

 

  • バリア機能の低下により、皮脂が多く出ているので、肌のバリア機能を高めるケアを行う。

混合肌

混合肌とは、皮脂が多くて、水分が不足している肌のことです。

特徴

  • 肌の部分による差が大きい

 

  • Tゾーン(顔のおでこから鼻先の部分)が脂っぽくUゾーン(顎と両頬)がかさつきやすい

 

  • 水分と油分のバランスが場所によって違うため、肌質をコントロールしにくい

スキンケア

  • Tゾーンは化粧水をたっぷりつけます。油分が多いので、乳液は控えめにする。

 

  • Uゾーンは化粧水をたっぷりつけます。油分が少ないので、乳液を多めにつける。

 

  • 肌の状態で調整が大事。油分多いなと思ったら、乳液を少なくし、油分が少ないと思ったら、乳液を多くつける。

 

普通肌

普通肌とは、皮脂が少なめで、水分が多い肌のことです。

特徴

  • うるおいにより、ツヤがある

 

  • 毛穴が目立たずキメが整っている

 

  • また、水分と皮脂のバランスが整っているので、健康的な肌状態といえる

 

  • 肌トラブルが1番少ない

スキンケア

  • 肌トラブルが少ないといってもお手入れはしっかりする

 

  • 大事なことは、普通肌を保つために、継続的に肌のお手入れをすること。

 

  • いつもと違う化粧品にチャレンジするのもよい

 

  • 季節の変わり目は注意して、しっかりと油分補給をする

 

乾燥肌

乾燥肌とは、皮脂が少なめで、水分が不足している肌のことです。

特徴

  • 皮脂と水分ともに少ないので、かさつきや、ひび割れの肌トラブルが多い

 

  • 毛穴が目立たず、キメが細かい

スキンケア

  • 油分と水分どちらも足りていないので、化粧水と乳液でどちらも
    バランスよく補給する必要がある

 

  • 高保湿成分配合のものを選ぶ

 

  • 刺激の少ないものを選ぶ

まとめ

肌タイプについて解説しました。

「脂性肌」、「普通肌」、「混合肌」、「乾燥肌」のどれでしたか?

自分の肌タイプがわかったところで、自分にあった化粧品を選びましょう!

-美容

© 2022 Invest In Myself Powered by AFFINGER5