読書

読書量が年間0冊だった男が、読書を習慣化できた、たった5つのコツ

読書
困っている人
本を全く読まないんだけど、読書できるようになりたい!読書を習慣化する方法を知りたい。本を読み始めると眠くなってしまう...

こういったお悩みにお答えします。

本記事の内容

  • 読書を習慣化する5つのコツ
  • 眠くならないようにする方法

 

本記事の信頼性

この記事を書いている僕の読書経歴
大学に入学してすぐに読書を習慣化することを決意➡断念し2年が経過
➡大学3年生になりもう一度習慣化にチャレンジを決意
➡習慣化する方法を調べまくり実践➡成功し毎日読書するまで成長

 

今回は、読書を習慣化するコツをご紹介していきます。

この記事を読み終えると、読書を習慣化する方法がわかり、知的な人間になれますよ。
管理人

それでは、さっそくご紹介していきます。

 

読書を習慣化する5つのコツ

読書

いきなり長時間読もうとしない

難しい本を読まない

読みたい本を読む

1冊読み切ろうとしない

早く読もうとしない

 

この5点があげられます
それでは1つずつご紹介していきます。

いきなり長時間読もうとしない

1つ目はいきなり長時間読もうとしないことです。

理由は読書習慣がない人に長時間読めるわけがないから。
しかし読書習慣がない人は、つい「〇時間読もう!」や「一日で本を読み切ろう!」など考えてしまいます。

ぼくも長時間読もうとして何度も失敗...ぼくは1日5分からスタートしました
管理人

習慣化してしまえば、長時間読むことはできるようになります。なので、いきなり長時間読もうとせず、

まずは1日1分でいいので読書を始めてしましょう。

 

難しい本を読まない

2つ目は難しい本を読まないことです。

理由は読み切れず、読書が嫌いになり自己嫌悪に陥るから。
勉強と同じです。いきなり小学生がいきなり高校生の問題を解こうとしたらできるわけがありません。自分のレベルにあった本を選ぶようにしましょう

ぼくも、何度も難しい本に挑戦全然理解できず断念 これを繰り返してました。
管理人

自分のレベルにあった本を読んで、「読書=楽しい!」となるようにしましょう。

 

読みたい本を読む

3つ目は読みたい本を読むことです。

なぜなら興味のない本を読むのは楽しくないから
こんな経験ありませんか?
「ずっとブログを読んでいた」、「漫画を一気見してしまった」、
みたいなことです。これは自分が読みたいと思ったものは、ずっと読めるということです。

読書の場合は、媒体が本に変わるだけです。難しく考えてはいけません。

ぼくの場合、読みたくもない本を「人気だから」「死ぬまでに読むべき本と言われているから」などの理由で、本を買って何度も失敗しました
管理人

まずは、自分が興味のある本から手に取ってみましょう。

 

1冊を読み切ろうとしない

4つ目は1冊を読み切ろうとしないことです。

理由は、読書初心者は本を読み切ることを目的にしてしまうから。

筋トレで例えると、ただ10回やるのと、鍛えたい部位を意識してしっかり8回やるのでは、効果が違います。

読書の目的は「知識を得ること」です。したがって、ただ読むだけでは意味がありません。

本を読んだことによって、少しでもあなたの知識が増えたなら、価値があります。
たとえ300ページある本を100ページまでしか読めなくたっていいんです。そこで「自分はダメだ」なんて考えないでください。

読書を習慣化できた僕でも、途中でやめる本はたくさんあります。
管理人

読み切ることを目的にせず知識を得ることを目的に読書をしてみましょう。

 

早く読もうとしない

5つ目は早く読もうとしないことです。

理由は、早く読もうとしたら頭に入らないから

例えば、学校の教科書を読むときに、流し読みはしませんよね。それと同じです。「早く読む=素晴らしい」という考えは捨てましょう。頭に入らなければ意味がありません。

先ほども言いましたが、読書の目的は知識を得ることです。知識を得る手段として読書しているということを忘れないでください。

さらに読書スピードの75%は遺伝で決まると言われています。なので、早く読もうとすることはやめましょう。また周りの人と比べるのもよくないです。

ぼくの友達は、ものすごく本を読むのが早くて、「なんで自分はこんなに遅いんだ」と思っていました。しかし「自分のペースで読もう」と意識したことで、読書の習慣化に繋がりました。
管理人

自分のペースで、ゆっくり読書しましょう。

 

読書で眠くならないようにする方法

読書

立って読書をする

僕自身、読書する=椅子に座ってリラックスしながら本を読む、みたいなイメージを持っていました。

 

これは普段から読書が好きな方に当てはまることだと思います。

全く読書をしない人が、リラックスしながら本を読みはじめたら、眠くなるに決まっています。

そこでおすすめなのが立ちながらの読書です。

 

立って読書をすることによって、眠くなることは減ります。また集中力も高まるのでいいことだらけです。

 

ぼくが、本を習慣化できる前は、本を読み始めて5分ほどですぐ眠くなってました。「本=睡眠薬」なんじゃないかと思うぐらい、眠くなっていました。
管理人

眠くなってしまう人は、立って読書を始めてみましょう。

 

 

まとめ:読書を軽い気持ちで始めよう

読書

読書を習慣化するために5つのコツをご紹介してきました。

本記事で解説した5つのコツを、読書する際に実践してみてください。いきなり読書習慣を身につけることはできません。1分からの読書でもいいので、継続して、徐々に時間を延ばしてみてください。

あまり重く考えずに、軽い気持ちで読書を始めましょう

今回は以上です。

 

-読書

© 2022 Invest In Myself Powered by AFFINGER5