ボディメイク

主婦のダイエットに自転車がオススメ?メリットと効率的な方法をご紹介!

bicycle

主婦は子供の送り迎え、パートのお仕事などで忙しいですよね。

そんな忙しい日々により、体重は増えていくばかり。

何とかしたいですよね。

そんなときにオススメなのが、自転車ダイエットです。

いつも車で移動しているなら、少し自転車を取り入れてみてもいいかもしれません。

本記事では、自転車ダイエットのメリットや効果的な方法をご紹介していきます。

 

管理人
記事を最後まで読んでいただき、読み終わった後から、ここで紹介する効果的な方法を実践することができれば、ダイエットに成功して、「美しい体を手に入れることができます!」

自転車ダイエットで消費するカロリー

bicycle

体重60㎏の人が自転車で1時間走ると、「約400kcal」消費すると言われています。

そのほかの食費するカロリー

  • ジョギング:450kcal
  • ウォーキング:300kcal
  • 水泳:525kcal

これからわかることは、自転車でも十分にカロリーを消費できるということです。

 

ジョギングと同程度の消費カロリーなのは驚きですよね。

車での移動を少しでも自転車に変えるだけでもダイエット効果は期待できます。

 

ママチャリでもカロリーは消費するので、主婦にもってこいのダイエットですね。

 

自転車ダイエットのメリット5つ

 

bicycle

メリット5つ

  • 手軽に有酸素運動ができるので継続しやすい
  • 負荷が軽いので、ケガしにくい
  • 下半身を重点的に鍛えられるので、痩せやすい
  • 通勤や送迎時間を有効に使える
  • 美脚効果が得られる

 

それぞれ解説していきます

1.手軽に有酸素運動ができるので継続しやすい

新たにジムに入会や器具を買うなどせずに、自転車さえあればすぐに始められます。

こんな経験ありませんか?
  • ダイエット器具を買ってみたものの続かない
  • ジムに入会したものの、続かない

こういったことがあると、自己嫌悪に陥ります。

「どうして自分はだめなんだ」となるのがほとんど。

しかし自転車はどの家庭にも大体あります。

なので、初期費用がかかりません。

 

仮に自転車ダイエットが続かなくても、自己嫌悪に陥りにくいです。

結果的に、他のダイエットにもチャレンジしやすくなります。

 

 

2.負荷が軽いのでケガしにくい

自転車ダイエットはなんといっても負荷が軽いので、ケガをしにくいです。

「ランニングでひざを痛めた」「筋トレで腰を痛めた」など、負荷が大きいとそれだけケガをしやすくなります。

自転車であれば、筋肉が少ない主婦の方でも、手軽に無理なく始められるのでオススメです。

 

3.下半身を重点的に鍛えられるので、痩せやすい

下半身の筋肉は全身の約70%を占めています。

自転車では太ももをよく使うので、下半身を重点的に鍛えることができます。

 

全身の70%を占める下半身を鍛えることで、筋肉量が増えて、代謝がアップします。

結果的に脂肪を燃焼しやすく痩せやすい体になります。

 

4.通勤や送迎時間を有効に使える

主婦は忙しいですよね。
運動するための時間を作ることが難しい。

そういったときは通勤や送迎時間を自転車にすることで、時間を無駄なく使えます

 

普段の食品の買い物に自転車を取り入れてみたりするのもオススメです。

 

5.美脚効果が得られる

自転車ダイエットは、有酸素運動なので、脂肪燃焼効果があります。

足が太くなった主婦の方が細い足を取り戻すのにうってつけです。

「下半身を鍛えると筋肉がついて太くなるのでは」と思う方がいるかもしれません。

しかし自転車の強度ぐらいでは、足が太くなるといったことはありません。

なので、太い足をもとにもどしたいなら、自転車を活用してみましょう。

 

自転車ダイエットを効果的に行う方法

bicycle

内ももを意識する

体幹を使う感覚をもって自転車に乗ってみましょう。

内ももの筋肉を使えているかを意識しながら、自転車をこくのがポイントです。

週に3~4回行う

負荷が少なく高い消費カロリーが期待できる自転車ダイエット。

ダイエット運動と休息のバランスを取ると、週に3~4回程度が目安です。

最初は週に1回、慣れてきたら週に3~4回行うようにしましょう。

いきなり頑張りすぎるのは、挫折の原因になります。

 

適度な休息も大事です。

「休むときは休む、トレーニングするときは集中してトレーニングする」のようにメリハリをつけて、取り組みましょう。

サドルの高さを工夫する

普段使っているサドルの高さを少し上げてみましょう。

前傾姿勢になるので、背中や腹筋といった上半身も鍛えることができます。

サドルの高さを変えるだけで、使う筋肉が多少変わってきます。

いつも同じサドルの高さにせずに、適度に変えてみましょう。

 

 

まとめ:自転車ダイエットを始めてみよう

woman

今回は自転車ダイエットのメリットや効果的な方法をご紹介しました。

運動を全くしない主婦の方であれば、少しでも自転車を日常の生活に取り入れてみてください。

そうすれば、満足のいく体型に近づけるかもしれません。

 

ダイエットは継続することが大切です。

小さいことでもコツコツと取り組んでみましょう。

今回は以上です。

 

-ボディメイク

© 2022 Invest In Myself Powered by AFFINGER5