筋トレ

【ついに発表します】ジムに入会するメリットとデメリット13個!

gym
困っている人
ジムに入会してみたいけど、実際どうなの?ジムに入会するメリットやデメリットを知りたい

こういった疑問にお答えします。

本記事の内容

  • ジムに入会するメリット8つ
  • ジムに入会するデメリット5つ
  • ジム入会に向いている人

本記事の信頼性

この記事を書いている僕は、ジム歴4ヶ月ほど。
運動が好きすぎて、ジムに週5~6日ほど通っています。

 

今回は、実際にジムに入会してみてわかった、メリット8つ・デメリット5つをそれぞれご紹介していきます。

 

どんな人がジムに入会するのに向いているのか、本記事の後半で解説していますので、最後までじっくりと読んでみてください。

 

ジムに入会しようか迷っている方は、意思決定の材料として本記事を読んでみてください!
管理人

 

それでは、さっそく本編をスタートしていきます。

ジムに入会するメリット8つ

gym

まずは、ジムに入会するメリットを8つご紹介していきます。

 

ジムに入会するメリット8つ

その①:健康になる
その②:器具がたくさんで、トレーニングに飽きない
その③:ジムの会員の人と友達になれる
その④:パーソナルトレーニングを受けられる
その⑤:シャワーを利用できる
その⑥:周りの人が励みになる
その⑦:時間管理能力がつく
その⑧:気候に関係なく運動ができる

 

1つずつ解説していきますね。

 

その①:健康になる

ジムに入会すると、健康になれます。

なぜなら、運動習慣が身に付くからです。

実際、多くの人が体の健康のためにと、ジムに入会しています。

 

ぼくは、ジムに入会して、必然的に食事にも気をつかうようになり、常に健康で生活を送っています。
管理人

 

その②:器具がたくさんで、トレーニングに飽きない

 

ジムにはたくさんの器具があります。そのため、いろんな器具を使ってトレーニングできるので、飽きるということがなくなります。

実際、ジムに入会すると見たことない器具がたくさんあって、テンションがあがります。

モチベーション維持はトレーニングにおいて、とても大事なことです。

 

 

その③:ジム会員の人と友達になれる

ジムには、幅広い年齢層の方が存在します。そしてジムに通い続けると、自然にジムの会員の人たちと仲良くなれます。

友達が増えることによって、新たなコミュニティができるというのもメリットです。

 

ぼくは、ジムに入会して社会人の方にご飯連れていってもらったりと、違う年齢層の方とも関われます。
管理人

 

 

その④:パーソナルトレーニングが受けられる

ジムには、月額費以外にプラスでお金を払えば、パーソナルトレーニングを受けることができます。

パーソナルトレーニングのいいところは、トレーニングメニューを決めてくれるので、トレーニング初心者、今まで運動してこなかったという方にはとてもおすすめです。

実際、多くの方がパーソナルトレーニングを受けています。

※少しお金がかかるというのがデメリットです。

 

その⑤:シャワーを利用できる

ほとんどのジムにシャワーが設備としてついています。中には、サウナやお風呂までついているジムもあります。

トレーニング後に出かける予定があったり、仕事がある方は多くの方が利用しています。

自宅に帰らずに、そのまま出かけられるので、とても便利です。

※シャワーを利用することによって、自宅でのガス代や水道代を節約することもできます。

 

その⑥:周りの人が励みになる

ついトレーニングというと、「自分との戦い」「孤独」のようなイメージを持ってしまいます。

 

しかし、ジムに入会すると、そういったことは全くありません。なぜなら、多くの人が、ジムでトレーニングしているからです。

実際、ジムに行くと、自分以外に頑張っている人を見ると、さらにやる気アップに繋がります。

やる気がないときでも、案外トレーニングできちゃいます
管理人

 

その⑦:時間管理能力がつく

ジムに入会すると時間管理能力がつきます。

なぜなら、ジムに行くためには、時間を作らないといけないからです。

やらなければならない仕事を早く終わらせたり、〇時までにやることを済ますなど、トレーニング以外のことにも集中して取り組めます。

例えば、13時にジムに行くことを決めていたら、それまでに今日の仕事を終わらせるために、集中するなどです。

 

その⑧:気候に関係なく運動できる

ジムに入会していないと、外でランニングしたいと雨だとできません。また、寒かったり、暑かったりとやる気を阻害するものがたくさんあります。

しかし、ジムだとこういった気候の問題はすべて解決できます。常に運動しやすい環境で、できるので続けやすいです。

ランニングしようと思っていたのに、急に雨が降ってきたなんてことは、嫌ですよね。。。
管理人

 

ジムに入会するデメリット5つ

 

gym

続いて、ジムに入会するデメリット5つをご紹介していきます。

 

ジムに入会するデメリット5つ

その①:毎月お金がかかる
その②:移動時間がかかる
その③:着替えを持っていく必要がある
その④:休館日がある
その⑤:開館時間に左右される

1つずつ解説していきます。

 

その①:毎月お金がかかる

ジムに入会するということは、お金がかかります。

仮に月7000円だとすると、1年間通った場合、84000円です。お金に余裕がない方にとってこの出費は痛いかもしれません。

しかし、お金をかけている分、メリットもたくさんなので、見返りも多いのが現実です。

ぼくは、飲み会2回我慢すればいいと考えて、通っています。
管理人

 

その②:移動時間がかかる

ジムでトレーニングするということは、そこまで行かなけれななりません。

例えば、家から車で15分のところに、ジムがあるとします。そうすると往復で30分かかります。

週に3回行くとして、1週間で1時間半、1ヶ月で6時間を移動に費やしていることになります。

この時間をほかのことに使いたいとういう人には、ジムはおすすめできないかもしれません。

 

その③:着替えを持っていく必要がある

仕事後にジムに行く場合や、ジム後に仕事行く場合には、着替えが必要になります。

また公共交通機関を使ってジムにいく場合に、トレーニングウェアで行くわけにもいきません。したがって、着替えが必要になります。

荷物をたくさん持って移動するのが嫌な人には、苦かもしれません。

 

ぼくの場合、ジムだけの時は、トレーニングウェアで行っています。
管理人

 

その④:休館日がある

最近では年中無休のジムが増えてきましたが、自宅近くにあるジムが、休館日がある可能性があります。

例えば、仕事が日曜休みで、ジムの休館日が日曜日だとします。こういった場合、せっかくの休みでトレーニングしたいのに、ジムが営業していないなんてことになります。

自分の生活と照らし合わせて考える必要があります。

 

 

その⑤:開館時間に左右される

 

最近では24時間営業のジムが増えてきましたが、「21時までしかやっていない」「10時からしかやっていない」そういったジムもあります。

例えば、朝一でトレーニングしたいのに10時からしかやっていなくて、行けないなんてこともあります。

開館時間に、基本的にトレーニングしたい時間が当てはまっていれば、このデメリットは解決されます。

しかし生活スタイルは人それぞれなので、そうでない人もたくさんいると思います。

したがって自分の生活スタイルとジムの開館時間が合っているか考える必要があります。

僕は、年中無休で24時間営業のジムを利用しているのでこういった問題はありません。
管理人

 

ジム入会に向いている人

gym
ここまで、ジムに入会するメリット・デメリットをご紹介してきました。

続いて、「ジムに入会するのに、向いているのはどんな人なのか」解説していきます。

ジム入会に向いている人

 

・パーソナルトレーニングを受けてみたい人
・自宅近くにジムがある人
・自宅での自重トレーニングに飽きた人
・お金に余裕があって、運動習慣を身に付けたい人

 

上記に該当する方はジムに入会することをおすすめします。

自分に合ったジムを選んで、トレーニングに励みましょう。

自宅筋トレのメリットデメリットを知りたい方はこちらへ

【ジム行く意味なし?】自宅筋トレのメリットデメリット5個ずつ発表!

 

まとめ:運動習慣を身につけて、健康になろう!

beautiful woman

今回は、ジムに入会するメリット8つ・デメリット5つをご紹介してきました。

ジムに入会して、運動習慣が身に付いたことで、僕の人生は大きく変わりました。

ちょっと大げさかもしれませんが、運動習慣を身に付けることで、誰でも人生は変えることは可能です。

現状の体、現状の健康状態を変えたいという人は、ジムに行かないとしても、運動習慣を身につけましょう。

 

-筋トレ

© 2022 Invest In Myself Powered by AFFINGER5